わきがの予防とワキガ対策方法

わきがの原因から予防、治療、対策法など、わきがに関する情報を掲載しています。 わきがの対処法には対策グッズを使用したり、手術をしたり・・・、色々ありますが まずはワキガに対する正しい知識を持つことが大切です。

わきがマメ知識

「わきが」は正式には腋臭症(えきしゅうしょう)と呼ばれています。そのまま読むと腋(わき)の臭いですね。

sponsored link

わきがの治療

わきがの治療についてですが、大きく分けると食事や皮膚を清潔に保つなどといったすぐにでもできる方法と、手術によって治療してしまう方法があります。しかし、食事療法などでわきがが完全に治療できるかというのは少々難しいかもしれません。「わきがの原因」の項でも記載しましたが、わきがの根本原因であるアポクリン汗腺から分泌される汗の量は自分では調節できないものです。したがって、食事等の内的な治療法というのはあくまで補助的なものと考えるのが良いでしょう。 一方、わきがを手術などの方法で治療する場合にも色々な方法があります。その一つにレーザー治療というものがあります。レーザーを照射してわきがの根本原因であるアポクリン汗腺とエクリン汗腺を焼いてしまう治療法です。また、よく知られている方法としてわきがの原因を切除してしまう手術という方法もあります。この治療法にも厳密に言えば様々な種類があります。どの治療法を選択するかは自己責任で行うことですので、よく調べてから医師などに相談するのが良いでしょう。 どのような治療をするにせよ、わきがの治療というのは簡単にはいかないものです。そこで注意しなくてはならないが自分は本当にわきがなのか?というところです。実際わきがの治療に来た方でも、わきがの症状がない方もいらっしゃるようです。自分の体臭を気にしすぎるあまりわきがだと思い込んでしまうようです。実際の治療をする場合にはそのような事も踏まえて相談してみるのが良いでしょう。

わきがの予防

わきがを予防するにはわきがの臭いの原因である、アポクリン汗腺からの汗と皮膚細菌による汗の分解を抑制することが考えられます。(わきがの原因については「わきがの原因」の記事を参照してください)

わきがの根本原因であるアポクリン汗腺の多い少ないというのは、遺伝であったり体質であったりするので、簡単に予防や対策ができるものではありません。どうしてもその根本原因をなんとかしたいのであれば手術をするという方法が一番早いかと思います。
しかし、わきが予防のために手術をするというのはそんなに簡単に行えることではありませんので別の予防方法を考えたいところです。

わきがの予防を手術以外で行うとなると、その効果は人によって千差万別ではあると思いますが、腋毛の脱毛処理をする方法や、制汗スプレーなどを使用する方法がポピュラーです。

腋毛(脇毛)の脱毛をする理由は、毛が主にわきがの原因であるアポクリン汗腺からの汗を腋毛が留める役目を持っているため、細菌による分解が進み、わきが臭が発生しやすくなると言われているところからです。

また、制汗スプレーを使用してわきが予防をする方法ですが、制汗スプレーにはその名の通り汗を抑える効果のあるものや、消臭効果のあるもの、殺菌効果のあるもの等、その効果は様々です。どれも一時的にわきがの原因であるアポクリン汗腺からの汗を抑えたり、臭いを消したり、臭いを発生させる細菌を減らしたりという効果はありますが、根本的な予防法にはなっていません。しかし使い方によってはわきがの悩みを少しでも解消してくれる道具になることは間違いありません。

わきがの予防法はご自分にあった方法で行うようにしましょう。

わきがの原因とは

わきがとは正式には腋臭症と呼ばれ主にアポクリン腺から分泌される汗が原因と言われています。

わきがの原因についてですが、わきがというのは上述した通り、汗が関係しています。アポクリン腺の他にも腋の下の汗というのはエクリン汗腺、皮脂腺というのがありますそれらの固有の汗の成分が混ざり合うことによって腋の下に広がり、細菌が繁殖することによってあのわきが特有の臭いが発生するということになります。

わきがの原因について詳しく理解するためには、それぞれの汗の特徴とその役割を理解しておく必要があります。以下にそれぞれの汗の特徴について説明していきます。


まずはエクリン汗腺ですが、これは汗の役割の中でもよく知られている、熱を放出し体温を調節するという役目が主なもので、ほぼ全身で見られるものです。

次にアポクリン汗腺。これがわきがの原因ではよく話題になることが多いものですが、その成分は脂肪、アンモニア、尿素、蛍光物質、鉄分、色素などで、これ自体に臭いがあるとも言われています。しかしこの臭いがわきがの直接の臭いというわけではありません。それについては後述します。

このアポクリン汗腺というのはエクリン汗腺のように全身にあるわけではなく、腋(ワキ)の下や陰部、乳首周辺、耳の中、ヘソ周辺などの特定の場所にあります。

最後に皮脂腺。これは誰もが聞いたことがあると思いますが、皮脂と呼ばれる脂肪分を分泌するものです。


わきがの原因の主なものはアポクリン腺からの汗が原因であると上述しましたが、これだけではわきがの臭いにはならず、エクリン汗腺からの汗と脂肪腺からの皮脂と混ざり合い、さらには皮膚にある細菌によって分解されることでわきが独特の臭いが発生するということになります。

そういう意味ではわきがの直接的な原因というのは細菌である。ということになってしまいますが、この細菌はわきがの人に限らず誰にでもあるものですので、結局わきがの原因はアポクリン汗腺からの汗が多い人ということになります。

また、アポクリン汗腺というのは陰部にもありますが、わきがの臭いが陰部より腋(ワキ)からの方が強いのは、腋にはわきがの臭いの元となる汗を溜め安い構造であるから、という考え方もあるようです。


わきがの臭いというのは主にアポクリン汗腺からの汗が原因ということが分かりました。ですから、単に多汗症である(汗をかきやすい)という人とは区別して考えるべきです。そもそも汗にも臭いは存在しますがわきがの臭いとは別ものです。わきがになりやすい、または、わきがである可能性が高い人というのはアポクリン汗腺の多い人ということになります。

LINKS

プライバシーポリシー

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

わきが関連ニュース

ニュースをチェック

サイトMENU

Copyright (C) わきがの予防とワキガ対策方法. All Rights Reserved.
あごにきび 奈井江町老眼